メニュー

NEWS & TOPICS

年末年始の営業のお知らせ

カテゴリ: NEWS 作成日:2018年12月28日(金)

2018年~2019年にかけての年末年始の営業は12月29(土)~1月4(金)の間休業とさせていただき、2019年1月5日(土)から通常通りの営業となります。

植栽のご紹介(エバーフレッシュ)

カテゴリ: TOPICS 作成日:2018年12月21日(金)

皆様こんにちは。LAPUREです。

 

今回はボリビアが原産の常緑樹エバーフレッシュのご紹介です。

 

エバーフレッシュは日本では観葉植物としてとても人気の高い植物で、大きくても2m程度のものが多いですが、現地では30mにもなるそうです。

また、夜になると葉を閉じる為、昼夜で表情の違いが楽しめるのも人気の理由の一つではないでしょうか。

4~9月に花を咲かせ、その花はタンポポの種子のように丸くふわふわとした花なのでとても可愛らしいです。

 

育て方としては、日向を好む植物ですので、窓際に置くようにしましょう。日影でもある程度育ちますが、適度な日光は必要です。
冬は室温を10°以上に保つよう心がけてください。


水やりは、他の植物同様、育成期である春~秋は土が乾いたら多めに与え、夏場は乾きすぎに注意しましょう。

エバーフレッシュは一つ一つの葉が細かく、健康状態が悪いとポロポロと葉が落ちてしまいます。
原因としては、水不足か水の与えすぎによる根腐れ、日光不足、根詰まりの可能性があります。これらを解消してあげれば元気に育ちます。


比較的育てやすい観葉植物ですので、初心者の方にもおすすめです。

 

LAPUREでは植栽プランニングから造園施工を主な業務内容としておりますが、どんな仕事にもデザイン性の高いものを使うよう常に心掛けております。プランニング段階からお客様と綿密な打合せを行う事で、お客様こだわりの庭を実現いたします。
お気軽にお問合せください。

 

40795.jpg

植栽のご紹介(クルシア・ロゼア)

カテゴリ: TOPICS 作成日:2018年12月18日(火)

皆様こんにちは。LAPUREです。

 

今回は緑の発色が濃く、光沢があり肉厚な葉をつけるクルシア・ロゼアのご紹介です。

クルシア・ロゼアはメキシコ南部から南アメリカ、西インド諸島を原産とするオトギリソウ科の観葉植物です。ゴムの木に似ていますが別物です。
日当たりを好みますが、夏場の日差しは強すぎるので、明るめの日影で育てるようにしてください。気温は最低でも10°以上を保つのが理想的です。
水やりは、育成期である春~秋は土が乾いたらたっぷりと与え、夏場は乾きすぎに注意してください。また、同時期には液体肥料や固形肥料を定期的に与えるようにしましょう。

 

クルシア・ロゼアは別名『autograph tree(オートグラフツリー)』とも呼ばれており、先の尖ったもので葉に傷をつけると白く跡が残り、メッセージや様々な模様を残すことができます。少々可哀そうな気もしますが、お祝いのメッセージなどを入れてプレゼントされると嬉しいですね。

 

あまり市場に出回らないクルシア・ロゼアですが、写真のものは葉の状態も綺麗で発色もいいので元気に育っています。全体的なバランスも良く、形も綺麗ですね。高さが1.5mまで育っていましたので、これくらいの高さであればご自宅のリビングはもちろん、オフィスに置いても存在感は十分だと思います。

 

LAPUREでは、様々な植物の取り扱いがございます。お客様のご要望を最大限に反映させ、且つプラスのご提案ができるように心がけております。
お庭はもちろん、オフィスや小規模テナントの植栽プランニングも喜んでお請けいたします。お気軽にお問合せください。

 

40709

植栽のご紹介(ドラセナ・コンシンネ)

カテゴリ: TOPICS 作成日:2018年12月14日(金)

皆様こんにちは。LAPUREです。

 

今回は枝の先から鋭い葉を沢山生やす、ドラセナ・コンシンネのご紹介です。

ドラセナ・コンシンネは熱帯地域の原産なので、窓辺等の比較的日当たりのよい場所が理想的でしょう。夏は強い日ざしを当ててしまうと葉が焼けてしまうおそれもあるので、レースカーテンなどである程度遮ってあげてください。


水やりは、土が乾いた状態でたっぷりと与えてください。もちろん、受け皿に溜まった水は常にすてるよう心がけましょう。
秋~春にかけては休眠期に入りますので、水やりは回数を減らしましょう。土が乾いて数日してから水を与える程度の頻度で大丈夫です。

 

ドラセナ・コンシンネは様々な種類・色があります。赤みを帯びたものや、乳白色の斑があるものもあり、どれも鋭い葉が生えるためインパクトがあり、シャープな印象を受ける為、男性に人気の観葉植物です。


風水的にも、葉が上向きに生える事が良いらしく、部屋の隅に飾ると良いそうです。私が見つけた写真も隅に飾ってありました。

鉢もセンス抜群ですね。熱帯の雰囲気がよく出ていて全体の雰囲気とのマッチングもばっちり決まっていました。

 

LAPUREでは、ハワイなどの南国風のガーデンにしてほしい。アメリカンやウエスタンの雰囲気が感じられる庭にしたい。ヨーロッパ風の花が可愛い庭にしてほしい。シャープでモダンな高級感のある庭にしてほしいなど、雰囲気をお伝えいただければ、ご要望に沿ったプランニングを行いご提案いたします。

 

庭のリガーデンはLAPUREにお任せください。

 

40490

ご神木

カテゴリ: TOPICS 作成日:2018年12月10日(月)

皆様こんにちは。LAPUREです。

 

今回は植栽のご紹介ではなく、ご神木のご紹介です。

埼玉の秩父にある関東一のパワースポットと言われる三峯神社に行ってきました。訪れる前に三峯神社について色々調べてみると、神様からいただくパワーが強すぎるので、心の弱っている時にお参りをするとかえって良くない。という記事が。。。
大丈夫!心は弱っておりません!いざ出発!

 

訪れた日は都内も肌寒く、出発時の都内の気温は13℃。道路が空いていれば都心から約2時間半で到着します。
三峯神社は標高1100mの高所に建立しております。山道を登るにつれ車の外気温計がみるみる下がってきます。到着時の気温は8℃。寒いです。。。
駐車場から本殿まで500mほどあり、本殿に行くまでの参道も木の香りが立ち込め神秘的な空気を感じます。
いざ本殿につくと立派なご神木が左右にたっています。このご神木、推定樹齢800年と言われているそうで、このご神木から発する気をいただく為、みなさんご神木を直接手で触れるそうです。もちろん私も触ってきました。
800年もの年月をかけ、ここまで大きなご神木になった事を考えると感動ものです。しかも2本も!

やはり植物の生命力はすさまじいですね。


ちなみに、帰り際に参道のお店で食べた味噌団子、めちゃくちゃ美味しかったです。

ご神木からパワーをもらったので、明日からまた元気に頑張れます!


皆さんも是非三峯神社に参拝し、パワーをもらって元気になりましょう!

 

LAPUREでは高木・低木のバランスを考え、奥行を見せるプランニングや、お庭を広く見せるプランニングも承ります。庭のリガーデンをお考えの際はLAPUREにご用命ください。

 

ご神木①ご神木②

植栽のご紹介(シェフレラ)

カテゴリ: TOPICS 作成日:2018年12月07日(金)

皆様こんにちは。LAPUREです。

 

今回ご紹介する植栽は、可愛らしい葉をつけるシェフレラのご紹介です。
見た目も可愛らしく観葉植物として人気の高いシェフレラですが、育てやすさも人気の理由です。もともと熱帯から温帯にかけて生息しているので耐寒性はあまりないですが、逆に耐暑性が高いので、室内でも比較的育てやすい観葉植物です。
こまめな水やりは必要なく、表面の土が乾いたタイミングで水をあげましょう。あげすぎると根腐れの原因にもなりますので注意してください。

 

写真のシェフレラは都内にあるカフェで見つけました。設置場所も窓の近くに置かれており、日光も適度に入る為元気に育っていました。ご家庭であればレースカーテンのある窓の近くがいいかもしれません。
植物を置くだけでなく、可愛らしい子供用のキックボードも置いてありますね。ブルーのソファーと色のマッチングも素敵で可愛らしく、フロアが木なのでやわらかい雰囲気がよく出ています。

 

LAPUREでは植物だけではなく、インテリア雑貨やオブジェなどを組み合わせる事で独特の雰囲気が感じられる空間造りをコンセプトにプランニングを行います。


カフェの内装に植栽を置きたい。オフィスを沢山の植栽で遊び心のあるオフィスにしたいなどお気軽にお問合せください。

 

40242

プランターカバーのご紹介

カテゴリ: TOPICS 作成日:2018年12月03日(月)

皆様こんにちは。LAPUREです。

 

天気が優れませんが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は可愛らしいプランターカバーを見つけたのでご紹介します。

プラスチック製でかわり映えのしないプランターも、このようなプランターカバーと合わせることで、植栽自体の見栄えも変わり、可愛らしくも全体的に落ち着いた雰囲気になります。プランターカバーも色々な素材、種類、色のものがありますが、写真のようなデザインの場合、コンクリートや石を多く使っている高級感のある外構よりも、枕木を使っているような柔らかい雰囲気の外構まわりに置くと全体の雰囲気とマッチするのではないでしょうか。
玄関までのアプローチ部分に柔らかい雰囲気の植栽があると、ご自身の外出時、帰宅時はもちろん、来客の方も身構えすることなく、あたたかな雰囲気で玄関までお招きする事ができるのでおすすめです。

 

人の第一印象は数秒で決まると言いますが、建物でも同じことが言えます。建物に入る際、最初に目につくものは何でしょう。
そうです。エクステリア(外構)です。エクステリアがお手入れされていなければ第一印象は悪いものになってしまいます。例えるなら、高級なスーツでビシッときめているのに、靴は手入れがされておらず汚れている。という状態でしょうか。


また、エクステリアのお手入れをしておくと防犯面でも効果的です。お手入れがしっかりされていれば、この建物は管理が行き届いている。という印象を与える為、防犯上有効と言えるでしょう。
皆様も是非ご自宅のエクステリアを見直してみてください。

 

LAPUREでは、多種多様な植物、雑貨を組み合わせる事で独特の雰囲気が感じられる庭造りをコンセプトにプランニングを行います。

既存の植栽を、一風変わった雰囲気にリガーデンしたい。外構のリフォームと併せて植栽もデザイン性の高いものを使いたいなど、LAPUREはお客様のご要望に柔軟に対応いたします。

お気軽にお問合せください。

 

39836

植栽のご紹介 パキラ

カテゴリ: TOPICS 作成日:2018年11月26日(月)

皆様 こんにちは!LAPUREです。

 

今回の記事は、私が個人的に育てているパキラのご紹介です。今から約3年前に小さな苗から購入し、大事に育ててきました。

完全に室内で育てているため、成長スピードは遅いかもしれませんが、室内の環境には完全に順応しており、ここまで病気もなく元気に育っております。

鉢も3号から5号に変え、肥料も適度に与えています。

水やりは、土が乾いたタイミングでたっぷり与え、受け皿に溜まった水は捨てる。というセオリー通りの育て方です。

 

ショップで売っているパキラはねじりの物が多いですが、私はあえてこのままのスタイルで育てていこうと思い、光の当たる方向で伸びる方向を調整している最中でございます。

 

肥料のアンプルがとても気になったので、アンプルカバーもつけております。横にはスリットが入っていて、残量が見えるのでとても便利でおススメです。

 

これから本格的に寒くなってくると成長スピードは衰えてしまいますが、春になると新たな葉が次々に開き、成長していることがはっきりと目に見えるので嬉しいです。

 

観葉植物を育てるうえで大事なことは、毎日観察する事です。害虫がついていないか。肥料焼けしていないか。など毎日観察、チェックし、異常があればすぐに対処するという、当然のことが一番大事になります。

 

観葉植物の王道のパキラですが、かわいらしく且つ育てやすく、環境への順応も早いためおススメですので皆さんも是非チャレンジしてみてください。

 

20181126 170334

 

 

植栽のご紹介 六本木イタリアン

カテゴリ: TOPICS 作成日:2018年11月21日(水)

 

皆様こんにちは。LAPUREです。

 

 

今回は六本木にあるイタリア料理のお店にある植栽です。以前からこのお店の前を通るたびに可愛らしいお店だなー。と気になっておりました。

 

 

お味の方は・・・最高においしいです。ミートソースとタルタルのパスタ、絶品です。ボリュームもあり、かなり満足の一品です。子連れのお客さまにはキッズメニューもあり、待っている間、塗り絵とクレヨンを貸していただけるので、子供も楽しく料理が運ばれるのを待っていられます。

 

肝心の植栽は、背が高い植栽で、通行人とテラス席との視線を程よく遮る目隠し効果もあり且つ、やさしい雰囲気の感じられる店構えになっており、来店するお客様にとっては馴染みやすいお店になっているのではないでしょうか。

 

ランチ時間ともなるとお客様でにぎわい、天気の良い日は植栽に囲まれながらのテラス席での食事も気持ち良さそうです。

是非また行きたいお店です。

 

 

週末の連休は植栽に囲まれた空間で、美味しいイタリアンを召し上がってみてはいかがでしょう。

 

 

優しい雰囲気の植栽プランニングもLAPUREにお任せください。

 

39887.jpg

 

植栽仕入れin八ヶ岳

カテゴリ: TOPICS 作成日:2018年11月20日(火)

皆さんこんにちは!WEBページを公開し、初の記事投稿となります。不定期更新とはなりますが宜しくお願いいたします。

 

先日、八ヶ岳まで植栽の仕入れに行ってきました。東京は本格的な寒さが始まる前ですが、八ヶ岳はやはり本格的な寒さを感じました。

夏は避暑地、冬はスノースポーツが盛んなイメージのある八ヶ岳ですが、リゾート地独特の雰囲気もあり、植物が映えてみえる場面が多々ありました。

植栽を多用し、癒しの空間を演出するカフェや雑貨店、大規模な商業施設ではイベントが行われ、多くの人で賑わっていました。

 

これからの時期、基本的に植栽は成長が芳しくない寒い時期に入りますので著しい成長は見込めませんが、冬に見栄えのする植栽プランニングの手法もご提案可能ですので、是非お問合せください。

 

39834.jpg